臨床開発モニターに要求されること

臨床開発モニターになりたいと考えた場合、やはりその仕事の基本である、薬剤や新薬に関する開発ということで、現在世間にない新しい薬を世に出すということから、人の命にも関わる、大事な役目を担っているということがわかりますよね。

ということは臨床開発モニターには、自分の関係した新薬の開発に対して、責任を持つことというのも大事ですが、それ以外にもたくさんのことが求められるのです。

その中にはもちろん、薬剤に関する知識も求められますが、それ以外にも例えば医学用語などを理解していることや、ある程度の医学的知識も要求されるんです。

また開発に実際に当たる医師たちとの、意思の疎通とかコミュニケーション力といったものも要求されるようですよ。

それはそうですよね。

さらに全国いろんな病院や施設を担当する場合もあるので、体力も必要とする、それが臨床開発モニターという職業なのです。