臨床開発モニターの仕事を知ろう

医療関係に関する仕事というのは、本当にいろいろあります。

その中の一つに臨床開発モニターという職業がありますが、臨床開発モニターというと、新薬や薬剤の開発がきちんと適正に行われているのか、監視する仕事のことですよね。

でも新薬の開発に関して、監視するとはいっても、実際どんな風に監視するのか?

新薬の開発をしている場所で、ただ横で黙って見ているだけなのか、なんだかよくわかりませんよね・・・?

そこで臨床開発モニターというのは、一体どんな仕事をする人なのか、取り上げてみたいと思います。

臨床開発モニターというのは、臨床開発を行う施設と、その開発の責任者である医師を決めることから始まります。

そして施設と医師が決まると、次に治験のための申請書類を作成し、申請を行います。

その後、実際の治験の監視を行うこととなります。

ざっくりですが、これが臨床開発モニターの仕事なのです。